疲労回復 入浴 食事

疲労回復は入浴がおすすめ

疲労がたまっている人は起床時からカラダのだるさを感じているが状態の人がほとんどです。動くのもだるい状態です。

 

何とか疲労回復しようと努力をしますが簡単には回復しないのが蓄積疲労の悩みどころ。

 

疲労回復するには、やはり毎晩入浴してリラックスすることと食事で十分な栄養を摂取することです。
長時間のデスクワークで溜まりに溜まりきった疲労を回復するには、食事療法と温めの温度での一時間の半身浴がおすすめです。

 

半身浴は体をしっかりとあたため、リラックスにも最適、しかも汗をかいて老廃物や余分な水分の排出にも役立つ身近な健康法と言えます。
体をしっかりと温めてリラックスすることで、スムーズな入眠にも繋がるので、毎日シャワーで済ませているという方は、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

 

疲労回復におすすめの食事例

食事はやはりバランスがとっても大切。5大栄養素である炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、タンパク質の中でビタミンやミネラルは不足しやすく、偏りがちです。しかも沢山補給しても一度に体が取り入れられる量は限られているので、毎日の食事で継続して摂取することを意識する必要があります。

 

休息中の体を本来の状態へと修復するのにも食事による栄養が重要です。基本的な食事習慣を見直しながら、その上で元気をくれる食材をプラスしてみるのがおすすめです。

 

元気が欲しい時の食事は日本に古くからある薬膳食も取り入れながら、栄養もしっかりと取ります。夏の疲れには、鰻や牛肉やレバーなどがおすすめされています。休憩に甘いアイスココアなどオススメです。

 

また、疲れた時には昔の庶民は冷やし甘酒が定番でした。最近は甘酒やカス汁、カス漬けなどを食べる人が少なくなりました。
昔の人は食事にも自然と薬膳を取り入れていたため現代よりも疲れを貯めこむ人が少なかったと言われています。

 

しかし、せっかくの薬膳食である和食が日本人から遠ざかり、欧米食に変わった事で、バランスを崩す方も少なくありません。
疲労回復と健康管理には日本人に合わせて作られた和食が健康的な毎日のポイントの一つになります。

 

 

関連ページ

疲れやすい体になってしまうのは生活習慣の影響?
疲労を感じやすい体になってしまうのは生活習慣の影響かもしれません。生活習慣を改善して疲れにくい体を作るためには?