疲労回復 入浴 食事

疲労回復は入浴がおすすめ

疲労がたまっている人は起床時からカラダのだるさを感じているが状態の人がほとんどです。動くのもだるい状態です。

 

何とか疲労回復しようと努力をしますが簡単には回復しないのが蓄積疲労の悩みどころ。
疲労回復するには、やはり毎晩入浴してリラックスすることと食事で十分な栄養を摂取することです。
長時間のデスクワークで溜まりに溜まりきった疲労を回復するには、食事療法とぬる目の温度での一時間の半身浴がおすすめです。

 

疲労回復におすすめの食事

食事療法は薬膳食も取り入れながら、栄養もしっかりと取ります。夏の疲れには、鰻や牛肉やレバーなど効果あります。
休憩に甘いアイスココアなどオススメです。
しかし以外と知られていない夏バテに即効性があるのが酒粕です。

 

昔の庶民は冷やし甘酒が定番でした。最近は甘酒やカス汁、カス漬けなどを食べる人が少なくなりました。
昔の人は食事にも自然と薬膳を取り入れていたため現代よりも疲れを貯めこむ人が少なかったと言われています。

 

しかし、せっかくの薬膳食である和食が日本人から遠ざかり、欧米食に変わった事で、健康まで害されるようになりました。
疲労回復と健康管理には和食を見なおしましょう。
一時間の半身浴も特に女性には効果てきめんなのでぜひ実効してください。

 

 

関連ページ

疲れやすい体になってしまうのは生活習慣の影響?
疲労を感じやすい体になってしまうのは生活習慣の影響かもしれません。生活習慣を改善して疲れにくい体を作るためには?